相続コラム・ガイド

遺産分割3つの方法と4種類の手続き方法

遺産分割の方法には大きく分けて3つあります。

①現物分割
「不動産は妻に」とか「骨董品は長男に」というように、遺産を現物のまま分配する方法
②換価分割(代金分割)
遺産の一部または全部を金銭に換えて、その代金を分配する方法
③代償分割(価格賠償)
特定の相続人に遺産の現物を取得させ、取得した者が他の相続人に対して、金銭などの自己の財産を代わりに与える方法

さらに、これらの分割を行うための手続きにも、複数の選択肢があります。具体的にいうと、遺言による指定分割や協議による協議分割がうまくいかない場合は、家庭裁判所の力を借りる調停分割や審判によって解決します。

①遺言による分割
被相続人が遺言に定めた方法で分割を行うことです。被相続人が遺言の中で、第三者に分割を決めるように委託する場合もあります。遺言にしたがって実際に財産を分配するのは、遺言執行者です。
②協議分割
相続人全員の合意によって遺産分割を行うことです。被相続人が遺言で遺産分割を一定期間禁じた場合等、以外はいつでもこの手続きをすることができます。遺産をどのように分割するかは、法定相続分の定めに拘束されず、相続人同士の話し合いで自由に決めることができます。
③調停分割
家庭裁判所の調停によって遺産分割を行うことです。調停では調停委員や家事裁判官が相続人の話し合いを仲介し、全員が納得する分割案をまとめるための手助けをしてくれます。
④審判分割
家庭裁判所の審判によって、遺産分割を行うことです。家庭裁判所は、遺産に属する物や権利の種類と性質、各相続人の年齢・職業・心身の状態・生活の状況などを考慮して、分割を行うことになっています。通常は調停が不調だった場合に行われます。

遺産分割の場合は、まず調停の申し立てをする必要があります。審判の申し立てがあっても、家庭裁判所は職権で調停に付することができるため、ほとんどの場合はそのような処置が取られます。

遺産分割については、うまくまとまらないことも多くあります。分割の方法や手続きにもいろいろな手段があります。相続の相談は専門家にご相談ください。

相続コラム・ガイド
2020.06.12 11:18

Related

Pick Up

事業所リスト